いろいろなジャンルの雑学が泉のように湧いてきます♪


by miyuma55

健康運動指導士の需要

健康運動指導士の資格制度は、昭和63年(1997年)に厚生大臣の認定事業として進められてきたもので、国民が健やかな生活を送るために適正な運動プログラムを作成・支援できる人材を育てる制度です。最近では、メタボリックシンドロームから国民を救う資格として注目を集めています。

健康運動指導士を受験するには、的確な知識(体育系大学・医学部の卒業者、看護士・理学療法士・栄養士などの有資格者)に実務経験を伴う必要があります。平成19年(2007年)からは、事前に取得した資格のレベルや実務経験の内容に沿って、受験に必要な受講科目の数が免除されるなど、人材育成の早期実現が求められています。

なぜ、急務なのか?答えはドロドロ血。血の塊を作る要因で、血流を滞らせ、詰まりの原因になったり、血管に負担を与え、血管が破れる原因になりします。それは、日本人の死因の上位にあたる脳卒中や心疾患につながり、肥満・高血圧・高脂血症・高血糖がそのドロドロ血を作ってしまいます。それがいわゆるメタボリックシンドロームで、予防・対策である運動不足解消を的確にサポートするのが健康運動指導士なのです。

病院や老人・介護施設などで、症状改善のためのサポートだけでなく、フリーで活動し、フィットネスクラブや学校などで、若年層に対しての運動の習慣化サポートを行なう人も増えています。生活習慣病・メタボリックシンドロームの予防策の普及にも力を発揮し、その活躍の場を広げています。

健康関連サイト
猫背を矯正して姿勢美人
エコノミークラス症候群について
腎臓病の食事療法
レーシック手術でメガネ・コンタクトにさようなら
心筋梗塞について

お気に入りの情報ブログ
覚えておこう♪ 雑学ブログ
[PR]
by miyuma55 | 2008-11-22 12:07 | 健康・ダイエット