いろいろなジャンルの雑学が泉のように湧いてきます♪


by miyuma55

ゴルフ基本スイングの練習法

ゴルフ基本スイングの練習法について紹介します。アプローチでのゴルフスイングの基本をを習得するための練習法として、左わきにタオルを挟んでボールを打ってみましょう。小手先でのアプローチショットであれば、左わきが開いてタオルが落ちてしまいます。バックスイングをインサイドに引くと左わきが開いてしまうのでタオルが落ちてしまうのです。

また、フィニッシュで左わきが開くとクラブの方向性にばらつきが生じ、その結果、ボールの方向性も安定しません。左わきのタオルを落とさないようにクラブを振ることができれば、身体と腕が連動して動いているということになります。小さなゴルフスイングでも身体と腕を連動させることができれば、方向性と距離感は確実によくなります。ダフリが多い人はボールをティーアップして、ミドルアイアンでボールのみをクリーンに打つ練習をしてみましょう。

ティーアップされたボールを5番アイアンから7番アイアンで打つのです。ボールをクリーンに打たないとクラブヘッドにティーが当たった鈍い音がするはずです。ボールがフェースの中心にクリーンにヒットすれば鈍い音は聞こえてきません。また、ボールの弾道は大変力強いものになるはずです。

練習場では左右のどちらかの足を、ボールを入れるかごの上にのせてゴルフスイングの練習をしてみましょう。かごの上に足を乗せてゴルフスイングをすることにより、スイングの軌道を修正することができるのです。


ゴルフクラブ ドライバー
ゴルフクラブ アイアン
ゴルフクラブ ユーティリティ
ゴルフクラブ パター

【PR ブランド通販】
ナイキ | アディダス | コンバース | プラダスポーツ | 
[PR]
by miyuma55 | 2009-06-06 15:11 | 趣味・スポーツ