いろいろなジャンルの雑学が泉のように湧いてきます♪


by miyuma55

<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

単純に歩く動作は、ダイエット効果のあるウォーキングにはなりません。正しい方法でウォーキングを実践することで、より一層のダイエット効果が得られます。まず意識していただきたいのは姿勢です。特に猫背の方は、胸を張るように真っ直ぐな姿勢でウォーキングを行ってください。猫背姿勢のままで歩いていると、ウォーキングをしても筋肉の運動効果が半減しますので、ダイエットにはなりません。

いつもよりも、心もち広い歩幅で歩くことも、ウォーキングで心がけたい点です。2歩歩くと身長と同じくらい進めるような歩き方を心がけます。何も考えずに歩くと、30%程度小さい歩幅になるようですので、注意して歩幅を広く取り、姿勢を良くすると早く歩けるようにもなります。筋肉をよく動かすことがダイエット効果の高いウォーキングにつながりますので、テンポアップをしたり、腕を大きく振ってみるなどの工夫をすることもいいでしょう。

そして、ウォーキングでは前を向いて視線をあげて歩きます。足元ばかりに視線を落としていては、姿勢が崩れてゆき、スピードはダウンしてしまいがち。ダイエットにいいウォーキングを維持するためにも、歩きながらも時々自分の姿勢がどうなっているか意識しましょう。ウォーキングでダイエットをすることで体脂肪の燃焼も促進され、ボディバランスも自然と整っていきますので、習慣化して続けていきましょう。


モデ痩せ ダイエット | モデル ダイエット | 安田美和 ダイエットメニュー | モデル・女優 モデ痩せ
[PR]
by miyuma55 | 2010-05-11 08:35 | 健康・ダイエット

視力回復には眼育

視力回復のために、眼育が脚光を今浴びています。

眼育は、近視で悩んでいるかたに対して、近視の進行を食い止める、というよりはむしろ、視力回復を目指すトレーニングなのです。

日本には、小さい子供から大人まで近視のかたが数多くいて、眼育による視力回復を願っています。

小さい子供が近視の場合、めがねやコンタクトレンズを装着しなければならず、めがねによる外見の悪さや毎日のケアのわずらわしさを両親が気にされる場合があり、眼育を開始し視力回復を目指すかたが多くいるようです。

大人の近視の場合は、めがねやコンタクトレンズの装着に対して外見の悪さや毎日のケアのわずらわしさは感じていないが、将来に備えたり、職業上、生活上の支障を少しでも和らげる目的で視力回復を目指しているかたがほとんどです。

眼育は、眼育トレーニング教室へ通う場合、眼育トレーニング教室へある回数通った後、そこでのノウハウを身につけて自宅でトレーニングする場合、通信教育として教材を購入してDVDやビデオなどにより視力回復トレーニングを行うものがあるようです。

眼育は、目を閉じたり、開いたり、早く目で移動する物体を追ったり、遠くを見てすぐ近くを見てというものを何度もすばやく繰り返したりするもので、目の筋肉に対して柔軟性を持たせることが目的のようです。


007速配コンタクト | カラコン人気ランキング | グランデブラック | エンジェルカラー
[PR]
by miyuma55 | 2010-05-03 12:05 | 健康・ダイエット